電話が来てもiPhoneのバイブレーションが反応しない時の確認箇所!

photo credit: Daniele Nicolucci photography via photopin cc

*本記事は2014年5月に公開したものを新しい情報へリライトしたものです*

今年は台風が多いですね…気圧の急変が得意ではない凛(@rin_wan)です。

今回は電話やメールが来たのにiPhoneのバイブレーションが動かず気付かなかった…という際に確認したい設定をご紹介しまーす。



iPhoneのバイブレーション

iPhoneのバイブレーションを設定する場所はホーム>設定>サウンドにありますよー!

iOS11.2.1の場合はこんな画面です。

注目すべきは「バイブレーション」の項目です。

サイレントスイッチの罠

着信スイッチ、サイレントスイッチという文言がありますがこれは何かと言うとiPhoneの側面についている上下にスライド出来るスイッチのことです。

サイレントスイッチのオレンジが見える状態が音を出さない状態。サイレントモードという状態で、サイレントスイッチが銀色の状態が音を出す状態。着信モードというそうですよ!

ここで注意しておきたいのはサイレントモードでもアラーム、音楽、動画、ゲームアプリなどの音は出るという事。
通知音をサイレントにするかどうかのスイッチで、iPhoneで動かすアプリの再生音量とは異なるので注意してくださいねー!

つまりスイッチがオレンジになってるから静かな場所でこっそり動画でも見よう…と思ったら大音量で動画が流る可能性があるって事です。

iPhoneのバイブレーションの動作

さて問題の電話やメールが来た際のバイブレーション動作は以下を参考にして下さい!

着信スイッチ選択時:サイレントスイッチはOFFで音が出る状態のバイブレーション設定の意味

サイレントスイッチ選択時:サイレントスイッチがON(オレンジ)でサイレントモード状態のバイブレーション設定の意味

つまり音を出すかどうかのシーンに合わせてバイブレーションも設定出来るという親切設計!

スイッチの状態に関係なく、何か着信や受信した際はバイブレーションさせたい!という方はどちらも緑のONにしておくのがオススメです(。・ω・)ノ゙

電話/メッセージ/メールの設定

ただ、バイブレーションを常時ONにしておくと何でもかんでもブルブル言ってうるさいんですよねー。

例えば電話はバイブレーションを振動させたいけどメールはバイブレーションさせたくない!そんな時はアプリ別に音とバイブレーションの動きを設定しておけば問題なしです!

先ほどのバイブレーション設定画面の下の方で個別に設定が可能ですよー。
※iOS11.2.1では若干項目が変化していますが、触る箇所は同じです。
iPhoneのバイブレーション設定 アプリ別

例えば「着信音」の項目をタップすると電話着信の時にどんな音を鳴らしてどんなパターンで振動させるかを決める事が可能です。
iPhoneのバイブレーション設定 パターン設定

上の写真は音を鳴らしてバイブレーションは「通知」というパターンで鳴らすという設定。

メッセージ受信時に振動もさせて通知音も鳴らす設定。
iPhoneのバイブレーション設定 メッセージ受信時に振動

※通知音は下の「通知音」で好きなものにチェックを入れればOKです!

メール受信時に振動もさせずに音も鳴らさない設定。
iPhoneのバイブレーション設定 メッセージ受信時に振動なし

※通知音を鳴らしたくない場合は「なし」にチェックを入れればOKです。

なお、この個別設定画面はホーム>設定>通知に入って沢山アプリが並んでいる中の電話/メッセージの「サウンド」からも表示する事が可能です。

連絡先の個別設定

これだけ分かれば安心!と思ったら更なる親切設計で電話とメッセージは人によって個別着信音&バイブレーション設定が可能です。

連絡先に登録する際にそれぞれ登録する箇所がありますよー!

※写真は新規登録時ですが既に登録された連絡先でも「編集」から設定が可能です。

連絡先の個別設定が優先度が高いので、特定の人だけバイブレーションを変えるなんて事も!
…バイブレーションに変化をつけて電話に出たいのか出たくないのか…それはアナタ次第_(:3 」∠)_

凛的まとめ

たかが音や振動ですが、意外と奥が深いですね…。
ちゃんと設定したのに振動しないなーって人はこれらの設定項目をもいちど確認してみてくださーい!

次の記事もお楽しみに〜(*`・ω・)ゞ